Kiri-Hirakuプロジェクト
By 横山泰治 Follow | Public

パラダイムシフトコミュニケーション®︎をベースに持つ講師3人でのプロジェクトチームです。
専門分野はパートナーシップ、SDGs、地理女とまったくバラバラですが、分野が異なるからこそ、起こせる触発と切り開ける未来があると考え、講座を企画・運営しています。

新型コロナウィルスの影響により、
日々の暮らし方、働き方、学び方は様変わりしました。
テイクアウト、テレワーク、オンライン授業など、人と人が空間を共有するコミュニケーション機会は変化を余儀なくされてきました。
このような変化の時に、適切に行動できるかどうかがとても重要です。
そして、この間、状況を好転させてきた人々は、ただ受け身じゃなかっただけではありません。
・動画サイトにアップした魚のさばき方とセットで魚を売り始めた鮮魚店
・シェフが秘伝のレシピをオンラインで教えるサービスを始めた飲食店
・中止になったお祭りに、様々な工夫でオンラインで感謝と再起を伝えた市民
・自宅にいながらツアコン・料理付きの旅行体験を提供した旅行会社
・イヤホンの特徴を生かし、臨場感あるコラボ楽曲を生みだしたアーティスト
・定額で自宅でカラーリングできるようにした美容室

そこに共通しているのは、「コミュニケーションが開いていた」ということです。
これまで「ありえない」としていたことを「あり」にしてみる。
これまで「他人事」にしていたことを「自分事」にしてみる。
コミュニケーションが開くというのは、異分野・未知のことに触れてみることそのものです。

今回、講師を務める3人は、パラダイムシフトコミュニケーション®︎をベースに持つ講師ですが、専門分野はパートナーシップ、SDGs、地理女とまったくバラバラです。
分野が異なるからこそ、起こせる触発と切り開ける未来があると考え、この講座を企画しました。

全3回の講座で、毎回メイン講師が変わります。
オンライン会議システムを活用し、質問も交えながら双方向のコミュニケーションでセンスを深めます。
講師の経験や体験から、前進や結果につながるヒントをつかんでもらえたら嬉しいです。

単発参加でもOKです。
withコロナ、アフターコロナ時代、会話を通して自分次第で欲しい未来を一緒に切りひらきませんか?

【次回講師森よりメッセージ】
パラダイムシフトコミュニケーション®に出会って早10年が経ちました。それまでアナウンサーをしていた私は、画面を通す仕事ということもあり、他人からよい評価されるための自分として生きていました。
マスコミの仕事は楽しかったですが、今振り返ると、よく見せようという自分を創っていた気もします。
パラダイムシフトコミュニケーション®を学んでからは自分次第の人生を生きると決め、「教育で貢献する」軸のもと、息子が1歳のときに起業+大学院進学。今は地理女の団体も創り、札幌や東京で活動しています。はたから見れば無理と思われることも、気がつけばやれていたようです。
そして今は、明確になったやりたいことから行動し、特に力がぐっと入ることもなく、バイタリティ溢れる日々を過ごしています。
どちらか、ではなく、どちらも、という選択は皆さんの中にありますか?子育てと仕事、どちらかではなく、どちらも手に入れることはできます。
今回のセミナーでは、私の子育てや起業、地理女の取り組みなどを通して、皆さんのバイタリティ溢れる状態を創るヒントを得てもらえたら嬉しいです。

~~~Kiri-Hiraku「切りひらく」~~~~~~
【日程】
・10/6(火)20時~21時半 講師:横山泰治「自分の中に見つける、Intention(意図)」(終了)
・11/12(木)20時~21時半 講師:森「行動と結果を生み続けるサイクル」
・12/1(火)20時~21時半 講師:ペホス「パートナーシップを組むべき相手は誰か」
【参加費】各講座 3,000円(税込)
【定員】10名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
【締切】全日ともに開催3日前
【条件】
パソコン、スマートフォン、タブレット等インターネットがつながる環境
【使用システム】オンライン会議室zoom
※事前に当日のURLをお送りします。届いたURLをクリックしていただくだけです。
パソコンでのご参加を推奨しています。
スマートフォンでご参加の場合は、事前に無料のアプリをダウンロードしてください。
【お申込み】以下のフォームからお申込み&ご入金ください。
⇒http://ptix.at/PHZOyG
【講師紹介】(登壇順)
<横山泰治>
東京都在住。そこそこに曲がりくねった10-20代を経て、2000年からNPO法人の運営を始める。地域活性化や産官民学の共創事業を東京都調布市で続け、体験をベースに全国で事業支援を展開。2016年からはSDGs(持続可能な開発目標)の地域からの普及、行動、達成を目指し、カードゲームやコミュニケーションをベースにした講座・研修・事業支援を行っている。
<森順子>
千葉県出身、札幌市在住。旅のリポーターに憧れ、大学で地理学を専攻しアナウンサーに。岩手朝日テレビ、テレビ北海道のアナウンサーを経て、2014年に(株)ハッピーアロー設立。現在は、企業や大学の講師などを務める。2017年には地理女netを設立。北海道のテレビ局で地理の番組コーナーのディレクター兼リポーターも務めるなど、地理の普及にも尽力している。
Webサイト:(株)ハッピーアロー http://www.happyarrow.jp/
<ぺホス>
兵庫県在住。大学卒業後、導かれるように高齢者介護の仕事に就く。自分の状態をうまく伝えられない認知症の方との関わりから、コミュニケーションの奥深さを学び、著書「理由を探る認知症ケア」を出版。現在は、職場内パートナーシップの専門家として、ブログや動画でコンテンツ配信しつつ、医療・介護分野のミドルマネジャー支援を行なっている。
Webサイト:アプロクリエイト https://www.en-coach.com
■パラダイムシフトコミュニケーションとは?
→詳細はコミュニケーショントレーニングネットワークのHPをご覧ください。
https://communication.ne.jp/ 表示を縮小